歯科で初回負担する額

歯科初診での実際の負担

歯科の初診料の自己負担

歯科を受診する際に初診料はいったい何円になるんだろうと不安に思うことがあると思います。初めて受診する場合は初診料が取られ、これは日本の診療報酬制度で決められているためどこで受診しても点数は234点になります。これを金額に直すと点数×10円となるため2340円になります。ただし、保険証を持っていれば保険が適用されるので、3割負担となり702円になります。後期高齢者などの場合は1割で済む場合もあります。初めて受診されるときには最低限掛かる金額は知っておくと良いでしょう。また、歯科に行く際には必ず保険証を持って行きましょう。

歯科医院の初診料について

病院に初めてかかると初診料がかかりますが、それは歯科医院でも同じです。歯科医院の初診料は234点と決められています。1点が10円なので一回初診とカウントされると最低2,340円かかります。ほとんどの人が健康保険や国民健康保険を利用しているので、実際には780円の支払いとなります。それ以外にもレントゲン撮影をしたり、様々な検査を歯医者さんでは行うので、実際の支払いは3,000円から5,000円程度支払う必要があります。支払い方法ですが、最近では現金払い以外にもクレジットカード払いに対応している場合もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の初診における点数 All rights reserved